ホーム » 研究開発成果

SAKURA Internet Inc.

アーカイブ

研究開発成果

2019年度

国際会議論文

  1. Ryosuke Matsumoto, Uchio Kondo, Kentaro Kuribayashi, FastContainer: A Homeostatic System Architecture High-speed Adapting Execution Environment Changes, The 43rd Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference (COMPSAC2019), July 2019. (to appear)
  2. Yuuki Tsubouchi, Asato Wakisaka, Ken Hamada, Masayuki Matsuki, Hiroshi Abe, Ryosuke Matsumoto, HeteroTSDB: An Extensible Time Series Database for Automatically Tiering on Heterogeneous Key-Value Stores, The 43rd Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference (COMPSAC2019), July 2019. (to appear)
  3. Komei Nomura, Kenji Rikitake, Ryosuke Matsumoto, Automatic Whitelist Generation for SQL Queries Using Web Application Tests, The 9th IEEE International COMPSAC Workshop on Network Technologies for Security, Administration and Protection (NETSAP 2019), July 2019. (to appear)

国内査読無し論文

  1. 坪内 佑樹, 松本 亮介, “超個体型データセンターにおける分散協調クエリキャッシュ構想”, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), No.2019-IOT-45, Vol.14, pp.1-7, 2019年5月. [論文] [発表資料]

国内口頭発表

  1. 鷲北 賢,AIとは何か?,武蔵大学経済学部伊藤ゼミ訪問,2019年6月.
  2. 松本 亮介, さくらインターネット研究所の研究開発の最新動向, FGNエンジニアMeetup vol.1, 2019年6月.
  3. 菊地 俊介, Raspberry Pi用のコンテナをクラウドでビルドする方法, The Linux Foundation CE Workgroup Japan Technical Jamboree 69, 2019年5月.
  4. 坪内 佑樹, SREの組織的実践エンジニリング組織の作り方 -マネジメントとSREの観点から考える-, 2019年5月.
  5. 松本 亮介, さくらインターネット研究所のコンセプトおよび取り組みの紹介, 第 45 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet45) 招待講演, 2019年5月.
  6. 松本 亮介, 分散リソースマネージメントミドルウェアの設計と実装, 公立はこだて未来大学松原研究室訪問, 2019年4月.
  7. 松本 亮介, ディープライフ(研究室訪問バージョン), 公立はこだて未来大学訪問, 2019年4月.
  8. 松本 亮介, CRIUを利用したHTTPリクエスト単位でコンテナを再配置できる低コストで高速なスケジューリング手法, 第4回Web System Architecture研究会@京都, 2019年4月.
  9. 松本 亮介, さくらインターネット研究所と松本の取り組み, 京都大学岡部研究室訪問, 2019年4月.
  10. 菊地 俊介, Raspberry Pi用コンテナをさくらのクラウドでビルドする, q-tech Meeting X “Special Day” @石狩D.C., 2019年4月.

学会誌・商業誌等解説

  1. 松本 亮介, まつもとりーのインフラ入門-第二回 「WebサーバとWebホスティングシステム」, Forkwell Press 連載, 2019年5月.
  2. 松本 亮介, フレッシュマンに向けたプログラミングのススメ:6.プロダクト開発や技術的課題の解決を抽象化して社内外のプログラミングの活動を重ね合わせよう, 会誌「情報処理」, Vol. 60, No. 6, 2019年5月.
  3. 松本 亮介, 研究開発で、世界のトップカンファレンスに論文を通せるような技術やスキルを磨きたい, エンジニアフレンドリーシティ福岡 インタビュー, 2019年4月.
  4. 松本 亮介, まつもとりーのインフラ入門-序章「インフラとの出会い・興味を持つに至った理由」, Forkwell Press 連載, 2019年4月.
  5. 松本 亮介,まつもとりーがmod_mrubyを開発した理由 – 解決すべき課題は研究ではなく、実運用の中にありエンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!, 2019年4月.

2018年度

国外口頭発表

  1. Shunsuke Kikuchi, OpenFog Tested Demo, Fog World Congress 2018, Oct 2018. [Video]

国内査読付き論文

  1. 坪内 佑樹, 脇坂 朝人, 濱田 健, 松木 雅幸, 阿部 博, 松本 亮介, HeteroTSDB: 異種混合キーバリューストアを用いた自動階層化のための時系列データベースアーキテクチャ, インターネットと運用技術シンポジウム論文集, 2018, 7-15 (2018-11-29), 2018年12月. [発表資料]
  2. 野村 孔命, 阿部 博, 菅野 哲, 力武 健次, 松本 亮介, Webアプリケーションテストを用いたSQLクエリのホワイトリスト自動作成手法, インターネットと運用技術シンポジウム2018論文集,2018,106-113 (2018-11-29),Nov 2018. [発表資料]

国内査読無し論文

  1. 松本 亮介,坪内 佑樹,宮下 剛輔, 分散型データセンターOSを目指したリアクティブ性を持つコンテナ実行基盤技術, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), No.2019-IOT-44, Vol.27, pp.1-8, 2019年3月. [発表資料]
  2. 松本 亮介, 近藤 宇智朗, CRIUを利用したHTTPリクエスト単位でコンテナを再配置できる低コストで高速なスケジューリング手法, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), No.2019-IOT-44, Vol.21, pp.1-8, 2019年3月. [発表資料]
  3. 熊谷 将也, 松本 亮介, 侵入検知システムのためのグラフ構造に基づいた機械学習および可視化, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), No.2019-IOT-44, Vol.52, pp.1-8, 2019年3月. [発表資料]
  4. 熊谷 将也, 松本 亮介, 疎構造学習およびグラフ畳み込みニューラルネットワークによる異常検知, 情報処理学会第81回全国大会, 6E-03, 2019年3月. [発表資料]
  5. 松本 直人, 高密度データセンターにおける冷却方式の一考察, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2018-IOT-43, No.8, pp.1-4, 2018年9月. [発表資料]

国内口頭発表

  1. 熊谷 将也, 分野横断的思考を活かした機械学習の取り組み〜材料工学×情報工学〜, MACHINE LEARNING Meetup KANSAI #4, 2019年3月.
  2. 坪内 佑樹,  SREへの機械学習適用に関するサーベイMACHINE LEARNING Meetup KANSAI #4, 2019年3月.
  3. 松本 亮介, コンテナと超個体型データセンターOS, K-Ruby #22, 2019年3月
  4. 松本 亮介, Podとコンテナランタイムのアーキテクチャ, Hosting Casual Talks #5, 2019年3月.
  5. 宮下 剛輔, OCIランタイム比較のためにやっていることあれこれ, Hosting Casual Talks #5, 2019年3月.
  6. 坪内 佑樹, 超個体的DBクエリキャッシング構想Hosting Casual Talks #5, 2019年3月.
  7. 松本 亮介, 超個体型データセンターOSとOCIランタイム, はてな×さくらが考えるテクノロジーの未来 〜コンテナ・分散型データセンター〜, 2019年3月.
  8. 松本 亮介, ディープライフ, 情報処理学会第81回全国大会 来たれ!ワークライフバランス伝道師, 2019年3月.
  9. 松本 亮介, クラウド・Webホスティングサービスのセキュリティと運用技術の研究, セキュリティ・ミニキャンプ in 福岡 2019, 2019年3月.
  10. 松本 亮介, わたしとホスティング業界, 専用サーバチーム交流会@東京支社, 2019年3月.
  11. 鷲北 賢, データセンター事業と関連業界のご紹介, 2019年2月.
  12. 鷲北 賢, わしきたのこれまでの研究開発と振り返り, さくらインターネット研究所定例, 2019年2月.
  13. 坪内 佑樹, ゆううきの研究開発まとめ (2019年2月版)さくらインターネット研究所 研究会 2019.02.13, 2019年2月.
  14. 鷲北 賢, クラウド実装におけるInfiniBand利用, 京都大学学術情報メディアセンターセミナー 「通信・ネットワークとスーパーコンピュータ」 , 2019年1月.
  15. 松本 亮介, 企業に所属するエンジニアとしての社内と社外の実績の重ね方q-tech Meeting X #1, 2019年1月.
  16. 松本 亮介, コードと論文で世界を変える麻生情報ビジネス専門学校 講座, 2019年1月.
  17. 松本 亮介, 企業に所属するエンジニアとしての社内と社外の実績の重ね方さくらインターネット大阪本社 レンサバチームの未来, 2019年1月.
  18. 松本 亮介, Webアプリケーション実行環境におけるセキュリティ福岡ゆるっとIT交流会 vol.9「セキュリティの話を聞こう」, 2019年1月.
  19. 松本 亮介, 企業に所属するエンジニアとしての社内と社外の実績の重ね方【福岡開催】エンジニア成長のカギとなる!アウトプット実践講座, 2019年1月.
  20. 松本 亮介, まつもとりーのこれまでの研究開発と振り返り(2018年版)さくらインターネット研究所 研究会 2018/12/10, 2018年12月.
  21. 松本 亮介, FastContainerをメール基盤へ適用 – 精緻に制御可能な恒常性のある高集積マルチアカウント型のメール基盤第3回Web System Architecture研究会@東京, 2018年11月.
  22. 鷲北 賢, ネットワークエンジニアの仕事とスキル, ECCコンピュータ専門学校 講演, 2018年11月.
  23. 松本 亮介, インフラエンジニアとしてのわたしの研究開発とこれから注目のコンテナ技術福岡ゆるっとIT交流会 vol.8「インフラエンジニアの話を聞こう」, 2018年11月.
  24. 鷲北 賢, データセンターに生息するインフラエンジニアの話, 福岡ゆるっとIT交流会 vol.8「インフラエンジニアの話を聞こう」, 2018年11月.
  25. 鷲北 賢,技術が実現するイノベーションとデータセンターの将来, さくらの大納涼会2018at北海道, 2018年8月.
  26. 菊地 俊介, さくらインターネット研究所(菊地) 2018年度研究計画, さくらインターネット研究所 定例, 2018年6月

学会誌・商業誌等解説

  1. 松本 亮介, MANABIYA2 インフラXプログラミングMANABIYA #2, 2019年1月.
  2. 鷲北 賢, サマータイムとLinux、cronの動作 インフラにおける時間の扱い方, Software Design 2018年12月号, pp.72-80, 2018年11月.
  3. 松本 亮介, なぜエンジニアはアウトプットすべきなのか? 発信が自身のキャリアにもたらすものログミーTech, 2018年11月.
  4. 鷲北 賢,さくらインターネット研究所所長・鷲北賢氏が語る、コンテナのこれまでとこれから, ログミーTech, 2018年10月.

プレスリリース

  1. 菊地 俊介, さくらインターネット、「Fog World Congress 2018」で実施するフォグコンピューティングの日中台相互接続デモに「さくらのクラウド」を提供 〜「OpenFog Consortium」のメンバーとして標準策定活動に貢献〜, さくらインターネット株式会社, 2018年10月.

2017年度

国内査読なし論文

  1. 松本 直人, メトロファイバーを用いた広帯域ストレージネットワークの考察, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2017-IOT-37, No.2, pp.1-4, 2017年5月. [発表資料]

国内口頭発表

  1. 菊地 俊介, さくらインターネット研究所が手がける、データ流通実証実験のご紹介, さくらの夕べ in すごい広島 講演,2018年1月.
  2. 菊地 俊介, Fogコンピューティングのご紹介, 東京都立産業技術高専 講演, 2017年12月.

プレスリリース

  1. 菊地 俊介, さくらインターネット、スマートシティ・スマートビル向けデータ流通システムの実証実験の一環として、福岡地所の物件で2018年3月からビル関連データの取得・公開を開始, さくらインターネット株式会社, 2018年2月.
  2. 菊地 俊介, NECとさくらインターネット、FIWAREを活用したスマートシティ・スマートビル向けデータ流通システムの実証実験を開始, さくらインターネット株式会社, 2017年12月.

2016年度

国内査読無し論文

  1. 松本 直人, テレメトリングのためのRADIUSメッセージングの一考察, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2016-IOT-33, No.15, pp.1-3, 2016年5月. [発表資料]

2015年度

国内査読無し論文

  1. 松本 直人, ネットワーク仮想化における仮想ネットワークインターフェイス冗長化の考察, インターネットと運用技術シンポジウム2015論文集, 2015, 86-86(2015-11-26), 2015年11月. [発表資料]
  2. 松本 直人, パブリッククラウドにおけるL2TPv3を用いたサーバ高可用性の評価, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2015-IOT-29, No.33, pp.1-3, 2015年5月. [発表資料]

学会誌・商業誌等解説

  1. 鷲北 賢, 新米サーバ/インフラ担当者のための仮想サーバ/クラウド技術の常識, ソシム株式会社, 2015年9月.

2014年度

国内査読付き論文

  1. 松本 直人, 仮想ルータを使ったスイッチレス・サーバクラスタリングのデザインパターン, インターネットと運用技術シンポジウム2014論文集, 2014, 17-22(2014-10-02), 2014年11月. [発表資料]

国内査読無し論文

  1. 松本 直人, 大規模なスイッチレス・サーバクラスタリング構築運用の考察, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2015-IOT-28, No.34, pp.1-5, 2015年2月. [発表資料]
  2. 松本 直人, 仮想ルータを使ったスイッチレス・サーバクラスタリングの考察, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), No.2014-IOT-27, Vol.19, pp.1-6, 2014年10月. [発表資料]
  3. 松本 直人, 災害コミュニケーションとリアルタイム情報収集, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), No.2014-IOT-25, Vol.25, pp.1-3, 2014年5月. [発表資料]

2013年度

国内査読無し論文

  1. 松本 直人, x86サーバにおける40Gigabit Ethernet性能測定と課題, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), Vol.2013-IOT-22, No.1, pp.1-3, 2013年7月. [発表資料]

2012年度

学会誌・商業誌等解説

  1. 松本 直人, 事例に学ぶ東日本大震災における情報発信, 情報処理学会論文誌 Vol.54, No.3, pp.1021-1027, 2013年3月.
著作権に係る注意事項

情報処理学会に投稿された論文の著作権について: 論文の著作権は情報処理学会に帰属します。論文は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願い致します。

About the copyright of the paper submitted to the Information Processing Society: The copyright of the paper is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). The paper is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.