ホーム » 技術 » ストレージ » つれづれ研究紀行(17) 計算機の遅延量について

SAKURA Internet Inc.

アーカイブ

つれづれ研究紀行(17) 計算機の遅延量について

qconsf2012-lockfree20130901v1みなさま、こんにちは。さくらインターネット研究所 松本です。

2012年11月07日から11月09日に米国・サンフランシスコで開催されましたQCONSF2012からハードウェアの遅延量についてピックアップ。

Lock-free Algorithms for Ultimate Performance.
Martin Thompson

Download Slides(PDF)では、主にLock-Free Algorithmによる性能改善について述べられていますが、根本的に回避不可能なアーキテクチャ上の遅延量についても参考となります。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*