ホーム » About us

SAKURA Internet Inc.

アーカイブ

About us

さくらインターネット研究所はインターネット技術に関する研究を行い、成果の発信と利用を通じて社会と会社に寄与していくことを目的に、さくらインターネット株式会社の組織内研究所として2009年7月に設立されました。「企業R&DのRを担当する部門」として、面白いと思うテーマにどしどし取り組んでいくことをモットーとしています。

さくらインターネット研究所は、現在以下の研究テーマに取り組んでいます。

  • クラウドコンピューティングへの取り組み
    • さくらのクラウド・開発支援
    • 次世代クラウドネットワーク・アーキテクチャに関する研究
  • 超個体データセンターに向けた諸研究
    • Fog Computingに関する研究
    • コンテナ技術に関する研究
  • 機械学習・深層学習に関する研究
  • その他

当サイトは、研究員によるブログ形式の発表の場です。気軽な読み物とエンジニア向けTIPS集として、お役に立てれば幸いです。

スタッフ紹介

鷲北 賢(North)

研究所所長

1998年、エス・アール・エス有限会社入社の後、合併を経てさくらインターネット株式会社へ。技術部部長、取締役を経て、2009年7月に研究所所長就任。
会社設立時より技術担当。レンタルサーバ組み立てから始め、データセンタ構築、バックボーン構築、オンラインゲームプロジェクトの技術運用などを歴任。2018年まで、クラウドサービスのマネージャを担当。
初代所長に任命された割に研究者としての実績はなく、論文は学生時代に書いたきり。他、数冊の書籍の執筆経験がある。
最近の興味の中心は、サーバの仮想化、クラスタリングなど。

大久保 修一(ohkubo)

上級研究員

2003年4月、前社長との縁がきっかけで入社。弊社ネットワークのオペレーションを担当する。
2009年7月、弊社研究所設立に伴い異動。
研究テーマは、IPv4/IPv6共存技術やSDNなど。

松本 直人(n-matsumoto)

上級研究員

1996年より特別第二種通信事業者のエンジニアとしてインターネット網整備に従事。
システム・コンサルタント,ビジネス・コンサルタント等を経て2010年より現職。

菊地 俊介(s-kikuchi)

上級研究員

2017年4月入社。Edge/Fog Computing、分散系システム、IoT領域などの調査・評価・技術開発を担当。
新規サービスの登場や世の中の変化などを主に技術面から広く見ている。が、もともとの専門はネットワーク。

松本 亮介(matsumotory)

上級研究員

さくらインターネット研究所上級研究員、京都大学博士(情報学)、ペパボ研究所客員研究員、Forkwell技術顧問、セキュリティ・キャンプ講師、情報処理学会各種委員。
2008年に現場の技術を知るため修士に行かずにホスティング系企業に就職したのち、2012年に異例の修士飛ばしで京都大学大学院の博士課程に入学。インターネット基盤技術の研究に取り組み、mod_mrubyやngx_mrubyなどのOSSを始めとした多数のOSSへの貢献や学術的成果を修める。
2015年4月より2018年10月までGMOペパボ株式会社にてチーフエンジニアとしてプロダクトのアーキテクトやエンジニア組織のマネージメントに従事すると同時に、ペパボ研究所では主席研究員としてOS・Middleware・HTTPに関する研究、及び、事業で実践できるレベルまで作りこむことを目標に研究に従事。
2018年11月より現職。
第9回日本OSS奨励賞や2014年度情報処理学会山下記念研究賞など、その他受賞多数。2016年に情報処理学会IPSJ-ONEにおいて時流に乗る日本の若手トップ研究者19名に選出される。

熊谷 将也(m-kumagai)

研究員、博士(工学)、理化学研究所 革新知能統合研究センター 客員研究員

2017年4月入社。機械学習(深層学習や進化計算)、グラフ理論、時系列データをキーワードとした異常検知の研究を担当。
高専(舞鶴)では制御工学を専攻し、部活動としてロボコンをしていた。大阪大学では無機材料工学を専攻し、博士号を取得した。現在は、材料工学の知識や経験と情報工学の技術を活かした新しい異常検知手法の研究のみならず、マテリアルズインフォマティクス研究にも従事。

坪内 佑樹(yuuki)

研究員

2019年2月入社。Site Reliability Engineering(SRE)、Data-Intensive Applicationsに関する研究開発を担当。
2013年12月より株式会社はてなのWebオペレーションエンジニアおよびSREとして従事しつつ、業務の傍らで論文執筆。技術を使うことに加えて、技術を創ることを志し、技術者から研究者へ転向。
技術者としては、YAPC::Asia 2013/2015、AWS Summit 2017などの登壇多数、学術研究の場では、情報処理学会IPSJ-ONE 2017にて情報科学分野で活躍する若手研究者として技術者ながら選出される。

鶴田 博文 (tsurubee)

研究員

2019年8月入社。インフラ領域における機械学習の活用に関する研究を担当。
元消防士という異色の経歴を持つ。学生時代は材料工学を専攻し、高分子材料の物性に関する研究に従事。修士号を早期修了した後、博士課程に進学するも中退し、消防士になる。
2016年11月にIT業界に飛び込み、機械学習エンジニア、インフラエンジニアを経て、現職に至る。

宮下 剛輔(mizzy)

客員研究員

SIerでのプリセールスエンジニア、Web系企業での技術責任者職を経て、2014年4月に独立。フリーランスのソフトウェアエンジニアとして、サーバーインフラの構築・運用支援、ミドルウェアの開発、技術顧問等を行っている。合同会社Serverspec Operations代表。
2019年3月より客員研究員として、サーバーインフラのオペレーションやオーケストレーションに関する研究を担当。
第10回日本OSS奨励賞受賞。著書に『Serverspec』、監訳書に『Infrastructure as Code』(共にオライリージャパン)。

青山 真也(amsy810)

客員研究員

Web系企業にてOpenStackベースのプライベートクラウドの構築・運用やKubernetes as a Service 基盤の実装、およびCloud Nativeなアーキテクトを経験。
最近ではその経験を活かし、技術アドバイザとしても従事。
2019年4月より客員研究員として参加。
Cloud Native Days TokyoのConference Co-chairやCloud Native Meetup Tokyo / Kubernetes Meetup Tokyoの Organizer等も務め、複数の基調講演や招待講演を含む登壇経験多数。
著書に『Kubernetes完全ガイド』『みんなのDocker/Kubernetes』。