アーカイブ

SIGGRAPH2013参加のご報告

みなさま、こんにちは。さくらインターネット研究所 松本です。

2013年07月21日から25日に米国ロサンゼルスにて開催されたSIGGRAPH2013に参加を致しましたので、ご報告致します。

旧来からあるCG関連の発表に加え、3D Scaning, 3D PrintingやGesture/Motion Caputringなどの幅広い分野の研究発表が行われていました。

なかでも、Intel社によるPerceptual Computingの技術発表では、「3次元空間をコンピュータ上でそのまま模倣するのではなく、より最適な使用感への成熟させることの重要性」が議論されていました。

今後もコンピュータをより直感的に利用できる技術の進化が期待されたイベントでした。

ロボットがつなぐ遠隔地コミュニケーション(1)

さくらインターネット研究所 松本です。今回はネットワークを介した遠隔地をつなぐコミュニケーションの研究をご紹介いたします。

北米地域ではテレプレゼンス(Telepresence)と呼ばれる技術で、最近ではロボットを用いたRobotics Telepresenceというマーケットも形成さつつあります。ロボットを介して遠隔地にある事業所で、あたかも自分がそこに実在しているようにコミュニケーションを取ることができ、電話やチャットよりも機動的に振る舞うことができるのが大きな違いです。当研究所でも、昨今のクラウド・コンピューティング化にともない、遠隔地とのより密度の高いコミュニケーションの必要性に着目し研究を開始しました。