アーカイブ

6to4によるIPv6接続(Linux編)

当ブログをご覧の皆様こんにちは。さくらインターネット研究所の大久保です。

前回のエントリでは、6to4の概要とFreeBSDサーバにおける6to4の設定について説明いたしました。

▽ 6to4によるIPv6接続(FreeBSD編)
http://research.sakura.ad.jp/2010/12/22/tunnel-6to4-freebsd/

今回はLinux編ということで、CentOSとUbuntuを例に6to4の設定方法を解説いたします。

CentOSでの設定例

ここでは、61.211.224.121のIPv4アドレスが設定されたCentOS5.5の環境で説明を行います。OSのバージョンは多少の違いがあっても問題ないはずです。設定自体は以下のように2つのファイルを編集して再起動するだけです。

  1. /etc/sysconfig/network の編集
    # vi /etc/sysconfig/network (以下の青字部分を追加)
    NETWORKING=yes
    HOSTNAME=centos55-1
    
    NETWORKING_IPV6=yes
    IPV6_DEFAULTDEV=tun6to4
    
  2. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 の編集
    # vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 (以下の青字部分を追加)
    DEVICE=eth0
    IPADDR=61.211.224.121
    NETMASK=255.255.255.224
    GATEWAY=61.211.224.97
    
    IPV6INIT=yes
    IPV6TO4INIT=yes
    IPV6TO4_RELAY=192.88.99.1
    
  3. サーバの再起動
    設定を反映させるために、サーバを一旦再起動します。

    # reboot

    もしくは、以下のコマンドでサーバを再起動せずに反映することもできます。

    # /etc/init.d/network restart

Ubuntuでの設定例

ここでは、61.211.224.119のIPv4アドレスが設定されたUbuntu10.10の環境で説明を行います。CentOSと同様に、多少のOSのバージョンの違いは問題ないはずです。

  1. IPv6アドレスの算出
    UbuntuにはIPv4アドレスから自動的にIPv6アドレスを設定する仕組みがないため、手動で算出する必要があります。以下のように、IPv4アドレスをスペース区切りで引数に指定します。

    % printf "2002:%02x%02x:%02x%02x::1\n" 61 211 224 119
    2002:3dd3:e077::1

    表示されたIPv6アドレスは、以下で設定ファイルに記入しますのでコピーしておきます。

  2. /etc/network/interfaces の編集
    # vi /etc/network/interfaces (以下の青字部分を追加)
    auto lo
    iface lo inet loopback
    
    auto eth0
    iface eth0 inet static
            address 61.211.224.119
            netmask 255.255.255.224
            gateway 61.211.224.97
    
    auto tun6to4
    iface tun6to4 inet6 v4tunnel
            address 2002:3dd3:e077::1
            netmask 16
            gateway ::192.88.99.1
            local 61.211.224.119
            endpoint any
            ttl 64
    
  3. tun6to4のaddressの欄(ここでは2002:3dd3:e077::1)は、前項で表示されたものを記入します。

  4. サーバの再起動
    設定を反映させるために、サーバを一旦再起動します。

    # reboot

    もしくは、以下のコマンドでサーバを再起動せずに反映することもできます。

    # /etc/init.d/networking restart

疎通性の確認

設定が正常に完了したかどうか確認します。確認コマンドはCentOSとUbuntuで同じです。青文字で示した部分が正しく表示されていれば問題ありません。

# ip tunnel show
sit0: ipv6/ip  remote any  local any  ttl 64  nopmtudisc
tun6to4: ipv6/ip  remote any  local 61.211.224.121  ttl 64

# ip -6 addr show
1: lo:  mtu 16436
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:  mtu 1500 qlen 1000
    inet6 fe80::250:56ff:fe89:1/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
4: tun6to4@NONE:  mtu 1480
    inet6 2002:3dd3:e079::1/16 scope global
       valid_lft forever preferred_lft forever

# ip -6 route show | grep default
default via ::192.88.99.1 dev tun6to4  metric 1  expires 21332406sec mtu 1480 advmss 1420 hoplimit 4294967295

ping6コマンドを用いて疎通性の確認を行います。

# ping6 www.iij.ad.jp
PING www.iij.ad.jp(2001:240:bb42:b000::1:80) 56 data bytes
64 bytes from 2001:240:bb42:b000::1:80: icmp_seq=0 ttl=46 time=273 ms
64 bytes from 2001:240:bb42:b000::1:80: icmp_seq=1 ttl=46 time=272 ms
64 bytes from 2001:240:bb42:b000::1:80: icmp_seq=2 ttl=46 time=272 ms
64 bytes from 2001:240:bb42:b000::1:80: icmp_seq=3 ttl=46 time=272 ms

--- www.iij.ad.jp ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3009ms
rtt min/avg/max/mdev = 272.518/272.692/273.034/0.670 ms, pipe 2

pingが返ってくれば問題なく通信できています。

Tokyo6to4プロジェクトについて

前回のエントリにて、6to4クライアントは、IPv4とIPv6の変換を行っている6to4リレールータ(192.88.99.1)を経由してIPv6インターネットと接続されると説明を行いましたが、このリレールータを日本国内で運用している「Tokyo6to4プロジェクト」というボランティアの組織がありますので紹介したいと思います。

▽ Tokyo6to4プロジェクトのWebページ
http://www.tokyo6to4.net/

実は筆者(大久保)もこのプロジェクトで活動を行っており、当プロジェクトの発足当時(2008年9月)より参加しています。

当プロジェクトのリレールータが設置される前は、日本国内で利用できるパブリックなリレールータが存在せず、6to4の通信が全て海外経由となり、通信品質が良くありませんでした。

現在では、国内の主要なIX(Internet eXchange)であるDIX-IE、JPIX、JPNAPにリレールータを接続し、主要なプロバイダとのピアリングを行っていますので、国内の6to4の通信品質はずいぶん向上したといえるでしょう。

図1 Tokyo6to4のネットワーク構成(Tokyo6to4プロジェクトの発表資料より引用)

当然ながら、弊社(さくらインターネット)もTokyo6to4のリレールータとピアリングしていますので、弊社内のネットワークからは快適に6to4を利用することができます。

まとめ

前回と今回にわたり、6to4の概要、設定方法、リレールータの状況について触れてみました。次回以降は6to4を改良した6rdについて説明を行っていきたいと思います。

6 comments to 6to4によるIPv6接続(Linux編)

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。